kimura-lab

AITの方々が木村研究室にやってきました!

 CANSAT, 研究室  AITの方々が木村研究室にやってきました! はコメントを受け付けていません。
8月 062018
 

こんにちは!B4の松村です。

先日サクラサイエンスプログラムとして、アジア工科大学(AIT)の方々が木村研究室にやってきました。

カメラ作り体験、CANSAT発表、JAXA見学など様々な体験をしてもらいました。

CANSATとは木村研究室で毎年B4が行っているプロジェクトであり、日本・アメリカの大会に参加しているものです。

今回AITの方々には、自分たちでミッション・機体の構想などを考えて発表してもらいました。

 

次は僕らB4の番だ!待ってろ能代、ブラックロック砂漠!!!

バレーボール大会!

 未分類  バレーボール大会! はコメントを受け付けていません。
6月 132018
 

こんにちは!スポーツ係の後藤です!

6/9(土),6/10(日)に行われたバレーボール大会の結果を報告しますー。

結果から言うと、ベスト8でした!

めちゃめちゃ練習してきたんで本当は優勝したかったんですけど、

楽しくバレーさせていただいたのでこの結果でも満足しています。

来年こそは優勝を目指して!みんなで!練習していきたいと思います!

ちなみに、フェアプレー賞をいただきました!

多分、M先輩とY先輩のおかげかな、、、?

次は電電杯!がんばるぞー(* ̄0 ̄)/

 

 

 

新入生歓迎会!!

 未分類  新入生歓迎会!! はコメントを受け付けていません。
4月 302018
 

こんばんは!M1の後藤です。

先日、新入生歓迎会が行われました!

 

今年のB4もいい子ばかり入ってきてくれて嬉しい限りです!

これから同じ研究室のメンバーとして切磋琢磨していきましょう!

 

p.s.B4身長高杉ない?

木村研がメディアに紹介されました!

 未分類, 研究室, 研究室紹介  木村研がメディアに紹介されました! はコメントを受け付けていません。
4月 172018
 

こんにちは!M1の上村です。

東京理科大学・木村研究室が「日本を飛び出した私大」として朝日新聞出版様のAERA 4月23日号(No.20)に御紹介いただきました!

紹介された内容としては、木村研究室で長年取り組んでいます宇宙ゴミ除去技術とその応用技術について紹介されております。
また前田さん、上原さんの無塵着姿や、竹原さん、田村さん、堀さんの研究についても紹介されております。
実際の衛星に活用されるなんて、考えただけで胸が踊りますね!
では。

中国の宇宙ステーションの再突入について

 未分類  中国の宇宙ステーションの再突入について はコメントを受け付けていません。
4月 052018
 

こんにちは!M1の松山です。

桜はもう散ってしまい、入学式にはもう緑の葉が出てしまっていることを悲しく思う今日この頃です。

 

本題ですが、先日木村先生がタイトルにもある通り、中国の宇宙ステーションが大気圏に再突入することを受けて、スペースデブリの危険性についてNHKワールドの取材を受けました!

(画像粗くてすいません)

放送された動画はこちら→https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20180402195322203/

気になった方はぜひ見てみてください!もちろん英語です(笑)

短いですが今回はここまでにしたいと思います。では、

木村研開発 TRICOM-1R「たすき」搭載計算機とカメラがメディアで紹介されました!

 未分類  木村研開発 TRICOM-1R「たすき」搭載計算機とカメラがメディアで紹介されました! はコメントを受け付けていません。
4月 022018
 

M1の平野です。こんにちは。

桜咲き乱れるこの季節、皆様如何お過ごしでしょう。

入学したときのことを思い出し、心機一転頑張っていきたい次第であります。

 

さて、本題です。

木村研究室開発のCubeSAT用搭載計算機とカメラがTRICOM-1R(たすき)」に搭載され、軌道上実証に成功いたしました。

東京理科大学プレスリリース_2月21日

またこの件について、フジサンケイビジネスアイ様の3月号で御紹介をいただきました!

 

TRICOM-1R(たすき)は、2月3日にss-520 5号機によって打ち上げられた超小型衛星です。

皆様ご存知でしょうか?知らない方はぜひこの機会に調べてみてくださいね。

 

今回この衛星に搭載されたカメラシステムは「超小型6方向同時撮像カメラシステム」と呼ばれます。

これはIKAROSやはやぶさ2に活用された画像取得処理システムを中核として、6方向に配置された様々な種類のカメラヘッドの画像を取得・処理するシステムに拡張すると共に、CubeSATに搭載可能な10cm角のサイズで実現したものです。

 

TRICOM-1Rは、昨年打ち上げられたTRICOM-1と比較して即時観測ミッションが追加となりましたが、この様なミッションの追加を実現する上で、6方向同時撮像カメラのカメラヘッドを柔軟に交換できる能力が重要な役割を果たしました。

 

図1:衛星搭載計算機

 

図2:6方向同時撮像カメラシステムの画像取得処理部

 

図3:6方向同時撮像カメラシステムのカメラヘッド部

 

図4:6方向同時撮像カメラシステムで撮像された画像の例

(2018年2月14日 チベット周辺)

 

もっと知りたい!という方は前述の理科大プレスをご覧くださいませ。

木村研一同、これからも一層研究に邁進いたします。

では。