ARLISSに参加してきました!④

 CANSAT  ARLISSに参加してきました!④ はコメントを受け付けていません。
9月 212018
 

こんにちは!
いつもブログを見て頂きありがとうございます。
B4の地田と申します。
引き続き、ARLISS競技日4日目の報告をしたいと思います。

 

▷ARLISS競技日4日目(9月13日)

 

朝早く打ち上げるために朝3時に起きてブラックロック砂漠に向かいました!
すぐに全体の動作確認を行い、打ち上げる準備をして、ロケットに機体入れました!
しかし、ここで無線が来ない事態が発生!!
いったんロケットから機体取り出してもう一度様子を見ることに、、、

一旦、打ち上げる準備をやめ無線の調整を行いました。

 

その後、無事無線が繋がることが確認できたちょうどそのタイミングで、本日も砂嵐が発生!!!
またも悪天候に悩まされました。

風の影響や砂煙によるロストの危険から打ち上げるタイミングをみんなで話し合いました。

16時半にやっと風が弱まり始め、いざ、打ち上げよう!ということになりました。

 

その結果は、、、

 

着地までは成功したもののパラシュート回避で失敗、パラシュートの紐がタイヤや軸付近、そして全体にまで絡まってしまい動けない状態に、、、
悔しいですがここで終了となってしまいました。

 

パラシュート回避はもっともっと構体班とプログラム班で実験したり、話し合う必要があったなと感じました。
ランバックは失敗してしまったものの、ミッションのデータはとれているのでこれから解析を行っていきます!!!

 

その後、ARLISS20周年記念イベントに参加しました!
ARLISSが始まったきっかけや本大会までの経緯を教えていただきました!!
ARLISSは、UNISECやAEROPACの方々に支えられていることを改めて感じました。
夜の砂漠はすごく寒かったのですが、星がとてもきれいでした。

 

 

▷ARLISS競技日5日目(9月14日)

 

この日の朝は、朝食ミーティングに参加しました!!!
今年はcansat用の台も作ることになっており、どのチームも機体にも台にも特徴があって面白かったです!

 

 

 

これにて、ぼくたちのcansatは終わりました。
失敗に終わってしまい正直、とても悔しいです。
でも、この半年間たくさん試験して、たくさん失敗して、その一つ一つから多くのことを学びました。
なので、今回のARLISSでの失敗からも、学べることが多くあると思います。
しっかりと解析して、今後に活かしていきたいと思います。

 

最後に、UNISECの方々、AEROPACの方々、また、これまでたくさんお世話になった先輩方、そして打ち上げ当日までお世話になりました木村先生に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

ARLISSに参加してきました③

 CANSAT  ARLISSに参加してきました③ はコメントを受け付けていません。
9月 202018
 

皆様こんにちは。
B4の森合と申します。
引き続いてARLISSの3日目の報告をいたします。

○ARLISS競技日3日目(9月12日)
2日間打ち上げられなかったことを受けて、皆「今日こそは」という意気込みで砂漠へと向かいました。
なんと砂漠到着一番乗り。天候も良く、期待も高まります。


試験走行も順調でした。GPS・色認識によるゴール接近と判定もきちんと模擬できていました。


我々のCansatを乗せて打ち上げられる「Ameri-Can」です。これまでに打ち上げた団体の名前が所狭しと刻まれていて、歴史を感じます。


いよいよ打ち上げ。代表の山口が英語によるスピーチを行い、発射ボタンを押します!




空を見上げて、打ち上げられたCansatを目視で追います。しかし、想定よりも速いスピードで落ちてきているようでした。
すぐさま追跡を行いました。途中、ロケットを発見しましたが、パラシュートがうまく開かなかったようで、ノーズコーンが地面に突き刺さっているような状況でした。Cansatの状況が危ぶまれます。

自由落下した距離が長かったらしく、機体がひしゃげるという無残な状態になっていました。


しかし、無線は届き、Raspberrypiを始めとする回路部品はほとんど生きているようでした。
予備に持ち込んだもう一つの期待に回路部品を取り付けて、明日へと期待を繋ぎます。

夕飯に先生とケンタッキーフライドチキンへ。
チキン3つにマッシュポテト・コールスロー・ビスケット・飲み放題のドリンクがついて10ドル程度ととてもお手頃で大満足でした。


いよいよ明日は競技最終日。メンバー全員、緊張の面持ちで床につきました。
4日目の報告に続きます。

ARLISSに参加してきました!②

 CANSAT  ARLISSに参加してきました!② はコメントを受け付けていません。
9月 192018
 

こんにちは!!

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

始めましてB4の永井です。

 

 

▷ARLISS競技日2日目(9月11日)

 

ARLISS競技2日目の報告をしたいと思います。

ARLISS競技2日目は木村先生も参加して下さり、朝4時半に出発して、ブラックロック砂漠に向かいました。砂漠で行く途中で朝焼けが見れて、とても綺麗な景色で見入ってしまいました!!!眠気も一気に吹き飛びました!!!

ちなみにこの綺麗な写真は木村先生に撮っていただきました!!

 

 

 

砂漠についてからは早速作業にかかり、2日目ということでみんな手際よく、30分位で組み立て終わりました!!

 

 

始めの1時間ぐらいはGPSの値が落ち着かず、走行が乱れたことで少し焦る場面も在りましたが、競技1日目に各センサーの動作確認を行い、砂漠の土に合わせてモーターの出力を調整しておいたため、スムーズに動作確認を終えることが出来ました。

 

 

競技2日目は風もなく、ロケットを打ち上げるにはとても良い環境であったため、12時を目標に打ち上げられるように調整を行い、運営の方々にレギュレーションをお願いできました!!

ちなみに、席の隣が運営の方々であったため、運営の方々と仲良くなってしまいました!!

 

 

打ち上げようとした途端、突然の突風が吹き荒れ、中止となってしまいました。

準備も完璧で打ち上げられる直前であったためがっかりしましたが、突風が吹き荒れたことでローバーがlostしてしまうよりかは運が良かったかなと思いました。

 

 

その後も突風がやむことがなく、車でホテル(comfort suit)に引き返すこととなってしまいました。帰りの車は砂嵐で前方が見づらく、運転には最大の注意を払って帰宅しました。しかし、競技3日目への期待を十分持てる1日となりました!!

 

 

夕食は木村先生と食事をしました。先生おすすめのステーキ家「lunch house」はとてもおいしく、約20ドルという値段に対して味も量にもとても素晴らしく、最高でした!!

木村先生とも楽しい時間を過ごす事ができました!!

 

 

競技3日目ではARLISSも残すところ2日ということで、朝のベストな時間に打ち上げて、成功させたいと思います!!

これで競技2日目の報告を終了し、競技3日目の記事へ続きます。

ご覧いただきありがとうございました。

ARLISSに参加してきました!①

 CANSAT  ARLISSに参加してきました!① はコメントを受け付けていません。
9月 182018
 

 

みなさん初めまして

木村研究室所属、B4の小澤です

 

この度、私たちはARLISSのCANSAT・ランバックコンペティションに参加してきました。

各日程の詳細を4回に分けて、紹介していきたいと思います!

 

 

▷ARLISSとは

 

毎年9月にアメリカのブラックロック砂漠で開催される小型人工衛星(CANSAT)の打ち上げ競技会です。今年で20周年を迎えます。

私たちは1050g以下が対象のOpenクラスのカムバックコンペティションに参加してまいりました。

今年のARLISSでは、9月10日~9月13日の4日間のうち、準備ができた団体から2回ほど打ち上げます。

 

前回、悔しい結果となってしまった能代宇宙イベントのリベンジも兼ねた参加です!

 

 

▷会場到達まで(9月8日)

 

ネバダ州のブラックロック砂漠へ行くために、羽田空港から出発して中国を経由して

サンフランシスコ国際空港へと向かいます。

 

フライト時間は合計16時間ほど…とっても長い…!!

 

 

 

外の景色はとてもキレイでした。

 

空港からはレンタカーを借りて、宿泊先のあるファーンリーへ移動します。

 

 

 

宿泊先のコンフォートスイーツファーンリーです。多くのARLISS参加団体が宿泊しています。

到着時の時間は夜の11時だったので、この日は近くのスーパーで買い物をした後、明日に向けて就寝しました。

 

▷ARLISS準備日(9月9日)

 

宿泊先からブラックロック砂漠までの道のりは長い為、朝4:30出発。

アメリカの朝はとても寒くダウンなしでは過ごせないほどでした。

 

 

 

砂漠に7時ごろに到着しました。朝焼けがとてもきれいです。

 

この日は技術交流会と、主にARLISS会場の準備を全員で行いました。

砂漠にいられる時間も限られていたため、CANSATの調整はできず、ゴールのGPS座標を取得だけして終了しました。

 

 

▷ARLISS競技日1日目(9月10日)

 

いよいよ競技開始日です!

前回の能代では調整が足りずに投下を行ってしまったため、失敗に終わってしまいました。

この反省を生かし、1日目は主にCANSATの調整に時間を割くことにしました。

 

前日同様の時間に出発し、7時ごろ砂漠に到着。

CANSATに積んでいる全センサの起動、動作の確認やGPSデータの取得。

 

また、CANSATの走行具合やスタックにはまった場合の状況など事細かな調整を17時ごろまで行い、ついに打ち上げに万全の準備という状態へ…

 

 

 

できることはすべて行い、後は次の日の打ち上げを待つのみ。

この日は胸高らかに宿泊先へと帰りました…!

 

 

今回の記事はここでいったん終わりとなり、ARLISS競技日2日目の記事へ続きます。

ご覧いただきありがとうございました。

第14回 能代宇宙イベントに参加してきました!

 CANSAT  第14回 能代宇宙イベントに参加してきました! はコメントを受け付けていません。
8月 212018
 

皆さんこんにちは
B4の山口です。

 

木村研究室のB4である9人は
8月16日から8月22日にかけて開催される能代宇宙イベントのCanSat競技(8/16~8/18)に参加してきました。

能代宇宙イベントとは、秋田県能代市で毎年8月中旬に行われる日本最大規模の学生/社会人によるロケット打上及び自律ロボット制御のアマチュア大会です。ハイブリットロケット呼ばれる爆発物を使わない全く新しいタイプのロケット打上やCanSat(缶サット)と呼ばれる自立制御型のロボットが気球から落下され目的地を目指す競技などが行われます。参加する学生は北海道から九州までの秋田県外からも大勢訪れており、大きな盛り上がりを見せています。

 

より詳しい説明は下のホームページを是非ご覧ください。

 

♦能代宇宙イベントホームページ
http://www.noshiro-space-event.org/about.html

 

 

さて、本題に入りますと
私たちが参加した8/16から8/18に開催されたCanSat競技で、私たちは以下の画像のような流れでゴールを目指しました。

 

そのゴールを目指すために制作した機体はこちらです!!!!!

 

 

しかし、天候に恵まれず、8/15から8/16は記録的豪雨により、8/17は暴風警報により、8/18のみの開催となりました。

8/17は暴風警報により気球が風に流れてしまうことにより15:00間で中止となり、

それまでの間、下の画像のように排水作業をスポンジとバケツとタンクを使用して行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、3日目の8/18ついに晴れました!!!

まさにCanSat日和で、風がほとんどなく風力発電のプロペラが1つも動いていないときさえありました。

水たまりも昨日の参加者全員で行った排水活動により、だいぶなくなっていました。(一部残ってはいましたが、、、。)

しかし、何はともあれついに本番。

1投目は11:00、2投目は15:30に行われました。

 

 

 

①1投目(11:00)

下の画像はパラシュート降下している様子

 

投下前の地上での風の体感風速は、約2〜4mでした。
そして、ゴールから約68mの地点に着陸しました。
着陸地点に水たまりはないが、周りには水たまりが多い地点に着陸しました。
溶断から、分離は成功。
しかしその後、地磁気センサーのキャリブレーションに入るが、
周りの草に阻まれ、上手く動作せず。
そこで、スタック回避動作に入るも、
回避先の草に阻まれ、
またスタック回避行動後の場所に水があったため、
壊れる前に機体を持ち上げることを判断し、
67.9mの地点を記録としました。

 

 

②2投目(15:30)

今度はリベンジの2投目!

下の画像はパラシュート降下している様子

投下前の地上での風の体感風速は、約2〜4mでした。
そして、ゴールから68.42mの地点に着陸。
着陸地点や、その付近に水たまりはなく、
草の高さは低く、練習時に走行することができた場所に着陸しました。
正直全員が期待しました!
しかし、機体に反して
照度センサーによる放出判定が行われず、
次の動作に進まなかった。
そのため、その地点を記録としました。
放出判定の行われなかった原因としては、
着地した際に照度センサが下を向いており、
想定した以上に暗くなってしまったことです。
悔しい結果となってしまった。。

 

 

悔しい結果となってしまったが、得られることも多かったので次の大会のARLISSに活かしたいといます。

 

能代宇宙イベントに参加するまでに多くの人に助けられました。

木村先生をはじめとして、M1M2の先輩もアドバイスをしてくださった。

夜遅くまで困ったときに助けてくださる先輩もいました。

また、ほかの大学の経験豊富な方にアドバイスをもらったこともありました。

 

助けてくれた多くの方々のためにも

次の大会こそ、みんなで良い結果を残したい!!!!!!!!!

良い結果報告をお待ちください!

 

 

 

 

 

 

AITの方々が木村研究室にやってきました!

 CANSAT, 研究室  AITの方々が木村研究室にやってきました! はコメントを受け付けていません。
8月 062018
 

こんにちは!B4の松村です。

先日サクラサイエンスプログラムとして、アジア工科大学(AIT)の方々が木村研究室にやってきました。

カメラ作り体験、CANSAT発表、JAXA見学など様々な体験をしてもらいました。

CANSATとは木村研究室で毎年B4が行っているプロジェクトであり、日本・アメリカの大会に参加しているものです。

今回AITの方々には、自分たちでミッション・機体の構想などを考えて発表してもらいました。

 

次は僕らB4の番だ!待ってろ能代、ブラックロック砂漠!!!