宇宙バイト

 未分類  宇宙バイト はコメントを受け付けていません。
5月 202015
 

おはようございます M1の佐藤樹です

 

4月の初旬桜の咲く季節にリクルートのバイト情報サイト「TOWNWORK」が募集をかけた激レアバイト

 

「宇宙バイト」

 

がJAXAの筑波宇宙センターで行われました!!

IMG_2234

IMG_2219

 

この宇宙バイトでは普段、宇宙工学などを専門としていない方々が

JAXAが開発した小型実証衛星4型「SDS-4」の衛星運用を行おう!!

という激レアな企画です!!!!!!

 

 

小型実証衛星SDS-4に向けてJAXAの方々が指令(コマンド)を送り

その指令に対して小型実証衛星SDS-4が送り返してくる信号(テレメトリ)を被験者の方々が確認し管制官に報告を行うといった形で

行われました。

 

 

そこで本研究室で行っている人間工学(ヒューマンインターフェース)の研究をこの衛星運用実験に取り入れ

衛星運用を普段行っていない、言わば素人の方が衛星運用を行う管制室の画面をどのように確認しているのかを人間の視線を把握する特殊な装置を用いて計測させていただきました

IMGP2818_R-620x465

 

参照 TOWNWORKマガジン http://townwork.net/magazine/job/workstyle/13871/

この帽子についている特殊な機械で視線を計測

 

 

TOWNWORKのHPや理科大のFBページでも大きく取り上げられているので

是非ご覧になってください

東京理科大学Facebookページ https://www.facebook.com/TUS.PR?fref=nf&pnref=story

TownWorkマガジン http://townwork.net/magazine/job/workstyle/13871/

 

僕たち学生もJAXAに行き実験の手伝いを行いながら

被験者の方々とお話させていただきましたが

みなさん宇宙に対して自分の経験談を交えて楽しそうに話していたのが印象に残っています

この貴重なデータはこれからの木村研究室の大事な研究材料となるので

これからの研究により一層熱が入りそうです!!!

 

 

 

 

 

 

 

宇宙博2014

 未分類  宇宙博2014 はコメントを受け付けていません。
9月 222014
 

皆さんこんにちは。
夏休みをいかがお過ごしでしたか。
木村研では研究の息抜きとして宇宙博2014に行ってきました。
この宇宙博2014とは宇宙への夢と情熱がいっぱい詰まった展示会で、アポロ計画やはやぶさ、イプシロンロケットなど宇宙好きにはたまらない内容です。
展示会には音声ガイドもありましたが、私たちには宇宙好きの土田君がいたので必要ありませんでした。わからないことを聞けば土田君が何でも答えてくれます。彼は歩く音声ガイドです。
写真 14-09-20 14 54 03
宇宙博の様子です。大変混みあっていました。
                                                                                
写真 14-09-20 13 51 55
これはアポロ17号司令船(実物大モデル)と着水時に使用されたパラシュートです。なんとパラシュートは実際に使われた本物です。焦げた部分もちらほら見えます。                                                                                写真 14-09-20 14 21 14
そしてこれははやぶさです。世界で初めて惑星から試料を持ち帰ってきた衛星です。ちなみにはやぶさ2に搭載しているカメラは木村研も携わっています。                                                                                        写真 14-09-20 14 40 00
これは東北大が開発したRISESATです。去年のM2の先輩がこの衛星に搭載しているカメラを用いたアプリケーションの開発をしていました。                                                                                            写真 14-09-20 14 46 43
そしてこれは木村研でおなじみの小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSです。上のテレビ画面には木村研で開発したカメラで撮影した衛星の様子が映し出されていました。

写真 14-09-20 14 35 27
IKAROSのソーラーセイルの実物です。とても大きいです。象二頭分くらいはありそうです。
                                                                              写真 14-09-20 14 48 27
そして火星表面で活動する探査車キュリオシティです。                                                                              
他にもたくさんの展示がありましたがブログでの紹介はここまでにします。全容が知りたければ宇宙博2014に行きましょう!明日まで展示してます。
写真 14-09-20 19 50 06
それではまた。

親子教室

 未分類  親子教室 はコメントを受け付けていません。
8月 042014
 

こんにちは。M2古閑です。

7月25日にセミナーハウスで親子教室が開かれました。

親子教室とは2泊3日で様々な分野の勉強を親子で体験できる、そんなイベントです。

木村研はもちろん宇宙、特に今回はスペースデブリに関しての授業でした。

P1090196

 

お父さんお母さんも盛り上がってますね!

「おぉー」とか「へぇー」とか、たくさんいいリアクションがありました!

学生も体験コーナーのお手伝い。

ドッキングシミュレーター、スピンシミュレーター、ジャイロ体験、どれも夢中になって遊んでくれてました!

小学生と戯れて気持ちが少しは若返った気がします・・・。

ここまでがお昼の部。

 

夜はなんとJAXAとの協力により実際に打ち上がっている人工衛星、SDS-4の運用体験が実現しました!!

夜遅く、しかも自由参加にも関わらずたくさん方が出席してくださいました。

 

P1090239

即席で開かれたじゃんけん大会で勝ち残った幸運な子供達によって、衛生に搭載されているカメラで地球の撮影を行いました。

P1090248

 

無事5枚の写真の撮影に成功し、地上に下ろすこともできました!

そしてその中の1枚がこちら↓

MCMR_VCID_0x38_20140725114133.bin_OUT_MCR_00

 

 

最後はみんなで記念写真!

P1090278

 

みんな楽しんでもらえたでしょうか???

夏休みのいい思い出になってくれればいいですね。

 

去年は高校生イベント、今年は親子教室。

さて来年は・・・????

 

ほどよし3,4号機 ファーストパス見学

 ほどよし衛星  ほどよし3,4号機 ファーストパス見学 はコメントを受け付けていません。
7月 152014
 

みなさんこんにちは!
M2のトランです.

前回の記事から少し間が空いてしまいましたが
今日は先日打ち上げられたほどよし3,4号機のファーストパス見学に行ったときの写真を紹介します!

まずは
6月20日の8時半頃に撮影したファーストパス時の東大運用室の写真です.
IMG_1830

IMG_1831
みなさん運用画面に集中しています.限られた時間内で衛星と交信しなければならないので緊張感が伝わってきます.

IMG_1833
中須賀先生がインタビューを受けていますね
後日NHKの特報首都圏でこの時の様子が紹介されました!!
リンクはこちら
特報首都圏「夢は宇宙へ!~身近になる宇宙開発最前線~」

他にもFacebook:Hodoyoshi 3-4 Satelliteに写真がありますので是非チェックしてみてください!

 

 

 

最後に私のお気に入りの写真を紹介します.
これも運用室にあったものです.
IMG_1834
机の上にちょこんといたほどよし3,4号機のミニチュアモデル!
左が3号,右が4号機です.
IMG_1836

IMG_1835
上から3,4号機!
手に乗っちゃうなんてかわいいですよね^^

3,4号機共に今後の活躍に期待ですね!

それでは!トランでした!!

超小型衛星ソクラテス IKAROS搭載の同型カメラ映像で光通信実験へ

 未分類  超小型衛星ソクラテス IKAROS搭載の同型カメラ映像で光通信実験へ はコメントを受け付けていません。
6月 302014
 

皆さん、こんにちは。M1の庄司です。
6月26日(木)に木村研究室が開発した超小型衛星搭載用地球カメラを搭載した「ソクラテス衛星」が下記ページで紹介されました!
Response:「超小型衛星ソクラテス IKAROS搭載の同型カメラ映像で光通信実験へ」
http://response.jp/article/2014/06/26/226301.html

 
ソクラテス衛星は、5月26日にJAXA「だいち2号」の相乗り小型副衛星として打ち上げられました。
情報通信研究機構(NICT) と株式会社エイ・イー・エスが共同で開発した衛星です。
今回搭載されたカメラは、2010年に打ち上げられたJAXAのソーラーセイル実証機「IKAROS」に搭載されたカメラと同型となっています。
このカメラで撮影した映像を光通信で地上に送信する実験も行われる予定になっているそうです。
結果が楽しみですね!

 
IKAROSカメラについてはこのHP内でも紹介しているので、是非ご覧ください!
IKAROS CAMERA
http://www.kimura-lab.net/project/ikaros-camera/

ほどよし3号機,4号機打ち上げ成功!!

 ほどよし衛星  ほどよし3号機,4号機打ち上げ成功!! はコメントを受け付けていません。
6月 252014
 

皆さんこんにちは.ブログ初登場のM2のトランです.
6月19日(日本時間20日)にほどよし3号機,4号機がロシアでドニエプル・ロケットにより打ち上げられました!!!

打ち上げは無事成功し,木村研究室のほどよしプロジェクトメンバー全員で東京大学中須賀研究室にて3,4号機のFirst Passに立ち会いました^^
自分自身が開発に携わった衛星が実際に宇宙を飛んでいる!!と思うと感無量です(;_;)

木村研究室では3,4号機の搭載計算機・小型カメラ等の様々な搭載機器を開発しました.
その中で木村研が開発した4号機のワイドアングルカメラによる実際の動画撮影をご紹介します.
(他にもお見せしたい写真がありますので随時アップしていきます!!)


地球は青かった.
                                                                                                                                                                                                                                                            

今回3,4号機機打ち上げに関する紹介が下記ページでされました!!ぜひチェックしてみてください.
☆東京理科大学ホームページ
http://www.tus.ac.jp/
www.tus.ac.jp/news/news.php?20140624103728
☆東京理科大学Facebook
www.facebook.com/TUS.PR
☆ほどよし3,4号機Facebook
www.facebook.com/hodoyoshisat
                                                                                                 
また,東京理科大学Facebook上でも紹介がありますが
本研究室 木村真一教授が【GUGEN×横浜市】ハードウェアハッカソン「未来の宇宙」メンター兼審査員として参加されることが決定しました!
詳細URL http://gugen.doorkeeper.jp/events/12551                                                           
イベント概要
・タイトル:【GUGEN】横浜市ハードウェアハッカソン「未来の宇宙」
・日時:2014/7/12(土)~7/13(日) 両日共に9:00-20:00
・場所:富士ソフト株式会社3F
・定員:40名
                                                                                                 
こちらも是非チェックしてみてくださいね!

ほどよし衛星見学会

 未分類  ほどよし衛星見学会 はコメントを受け付けていません。
4月 222014
 

皆さんこんにちは!

ブログの更新が遅れてしまい申し訳ありません。
4月9日に打ち上げ前のほどよし衛星3号機4号機を見に行きました。
打ち上げ前の衛星見学はとても貴重な体験になりました。

写真 14-04-09 14 06 47
写真 14-04-09 14 07 42
人工衛星は埃などから守るためにクリーンブースの中にあります。
今回は特別にクリーンブースの中に入れてもらいました。

写真 14-04-09 16 49 00                                                                                            
写真 14-04-09 16 40 38
クリーンブースの中では東京大学の鶴田さんが衛星について詳しく説明してくれました。
ありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                          
ちなみに、このほどよし衛星には木村研究室で開発したBoCCHAN-1が乗ってます!
写真 14-04-09 16 53 07
わかりづらいですがこのスペースに入ってます。                                                                           
                                                  
実際に開発したものが宇宙に上がるなんてすごいですよねー!
ロマンが溢れてます。

内之浦適合性試験

 未分類  内之浦適合性試験 はコメントを受け付けていません。
3月 032014
 

こんにちは。

2月26日~3月1日の4日間、鹿児島の内之浦宇宙空間観測所でPROCYONの適合性試験をしてきました。

PROCYONとは東京大学・JAXA共同研究による重量約59キログラムの衛星です。ミッションとして将来深宇 宙探査を行うための技術実証を予定していて、X帯での通信実験や、観測対象の近傍を通過しながら撮影するフライバイ撮像などを行います。このPROCYONに木村研究室もOBC関連で関わっています。

ちなみに内之浦という場所は鹿児島の東南に位置していて、内之浦宇宙空間観測所以外何もない町ですが、イプシロンロケットの打ち上げの時には二万人の観光客が来ていたみたいです。

traffic_illust

内之浦宇宙空間観測所には地上局の大きなアンテナがありました。

写真 14-02-27 12 01 55

写真では伝わりませんが巨大です。建物に直接アンテナが付いているのですが、アンテナが向きを変えたりすると建物が地震のように揺れます。びっくりします。

写真 14-03-01 1 17 24

夜のアンテナです。ライトアップがきれいですね。

写真 14-02-28 4 02 26

施設内や試験場を公開するのはいけないみたいなので、試験場の一部だけを載せます。といってもパソコンとオシロスコープしか写ってませんが。

そして試験をする日にちょうど種子島でロケットの発射が行われるみたいなので、試験中だったのですが休憩を取り、外に出て見に行きました。

内之浦宇宙空間観測所からでもロケットが発射する様が目視できました。

ロケット発射の様子

映像だと赤い点にしか見えませんが実物は流れ星みたいに尾を引きながら上昇していてきれいだったです。

4日間に渡る試験は大変でしたが、いい経験にもなったと思います。こういう機会がなければ内之浦にもいかなかったと思いますし。

このように木村研究室では他大学や機関、企業などと共同で研究開発を行っております。木村研究室に興味のある方は是非研究室見学に来てください。

人工衛星用カメラ研究開発講習会

 未分類  人工衛星用カメラ研究開発講習会 はコメントを受け付けていません。
7月 312013
 

こんにちは。B4の赤石です。
7/22~25に東京理科大学セミナーハウスにて、工業高校生を対象とした人工衛星用カメラ研究開発講習会が行われました。

DSC02929

ピンアサインの決定や、圧着、はんだ付け、プログラミング等を工業高校生にアドバイス?しながら一人一個ずつカメラ製作することができました。
高校生の知識・技術に関心したり、高校生の若さに圧倒されたり充実した講習会でした。

DSC02995

関係者の皆様お疲れ様でした。

超小型衛星用標準搭載計算機ボード

 未分類  超小型衛星用標準搭載計算機ボード はコメントを受け付けていません。
6月 212013
 

こんにちは。M2の高野です。
昨日研究室にこんなものが届きました。
SONY DSC

超小型衛星用標準搭載計算機ボード「SH4-BoCCHAN-1 OBC」です。
木村研究室が開発した技術を使った小型高性能な衛星用計算機ボードで、6cm四方の大きさでありながら従来の超小型衛星のOBCとは一線を画す性能を発揮します。
さらにソフトウェアの再利用性を大幅に高め、繰り返し利用による信頼性の向上を狙った「ほどよしSDK」という衛星ソフトウェア開発のためのフレームワークに対応しており、非常に効率のよいソフトウェア開発を可能としています。

実際の大きさはこのぐらいです。(※画像は実際の製品と微妙に異なります)
SONY DSC

3月に新聞で紹介されるなど、一部で話題になっていましたが、この度ようやく製品として世に出ることになりました。
製品化に尽力して下さった皆様、本当にありがとうございました。

製品の製造、販売は宇宙開発合同会社AstreXが行っています。
また、製品についての最新情報はほどよしSDKサイトに掲載しています。